ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事は家庭や企業のネットワークの構築をすることなのですが、このときにデータ転送の効率化を図って、冗長性やセキュリティの信頼性を維持しながら、その企業や家庭に一番相応しいネットワークを作ることが大切で、これによって、企業の信頼性が高められたり、データが流出などすると企業にとって命取りになります。
またルーターなどを設置するのも大切な仕事の一つで、この設定を誤ってしまうと外部からの侵入を許してしまって、大切な情報が悪用されたり、盗用されるなどの被害にあってしまいます。ハッキングというのは外部からネットワーク内に侵入するというイメージがありますが、実際には内部の従業員などによるソーシャルハッキングが非常に多くあり、情報の持ち出しやダウンロードに関する決まりをしっかりと設けて、内部の人間による情報の流出を防がなければなりません。最近では企業のデータベース内の個人情報の売買などの問題もあるので、責任の所在を明白にしてセキュリティ対策を強化する必要があります。